╋╋・‥… ヒルクライム決定戦 …‥・╋╋ 誰でも楽しめるロードバイク

自転車ヒルクライムレース

Mt.富士ヒルクライム
ツール・ド・美ヶ原
全日本マウンテンサイクリングin乗鞍
伊吹山ヒルクライム
矢島カップ Mt.鳥海バイシクルクラシック
まえばし赤城山ヒルクライム大会
佐渡金山ヒルクライム

その他

ロードバイクについて
その他の自転車競技
 

伊吹山ヒルクライム

伊吹山ヒルクライム2012 in 伊吹山ドライブウェイ概要

  • 主催:伊吹山ヒルクライム2012 in 伊吹山ドライブウェイ実行委員会
  • 特別協力:サイクルスポーツ誌
  • 共催:関ヶ原町
  • 後援(予定):米原市、揖斐川町、米原観光協会
  • 協力:日本自動車道株式会社伊吹山ドライブウェイ

大会名称

伊吹山ヒルクライム2012 in 伊吹山ドライブウェイ

実施期日

平成24年4月15日(日)

実施場所

岐阜県不破郡関ヶ原町伊吹山ドライブウェイ 全長12kmもしくは17kmコース

おすすめロードバイク!

病院、クリニック、ホスピタルなどの医師 アルバイトがきっと見つかる

スケジュール(予定)

時間 内容
受付 Start & Finish  
  8:00 - 11:30 参加受付
9:50 - 9:55 スターティングセレモニー
10:00 - 競技開始
8:00 - 10:00 - Champion
10:03 - Team time-trial
10:15 - MTB-F
10:17 - MTB-M
10:20 - Road-FA
10:22 - Road-FB
10:25 - Road-E
9:30 - 10:45 - Road-C
11:20 - Road-D
11:48 - Road-B
12:05 - Road-A
  - 13:30

関門(12km)打ち切り ※17km開催時

  14:00 - 下山開始(注1)
  • スケジュールは応募状況、実施距離により変更する場合がある。大会直前HPもしくは参加確認証(メール)にて確認して下さい。
  • 表彰式は下山後、関ヶ原町役場前にて順次行うので放送に注意して下さい。
  • 注1:下山は競技終了後の予定です。ただし競技進行状況によって変動する場合があります。

参加資格

中学生以上の男女で、本コース(17km)を約2時間で完走する自信のある方

募集カテゴリー

カテゴリー 参加基準 定員
Road-A 男子/中学生〜19歳 100
Road-B 男子/20〜29歳 400
Road-C 男子/30〜39歳 1000
Road-D 男子/40〜49歳 800
Road-E 男子/50歳以上 400
Road-FA 女子/中学生〜35歳 80
Road-FB 女子/36歳以上 100
MTB-M 男性/中学生〜  ※注意事項(6)参照 80
MTB-F 女性/中学生〜  ※注意事項(6)参照 50
Champion 男女/中学生  ※注意事項(7)参照 50
Team time-trial チーム/高校生〜 >>詳しくはこちら(PDF) 50チーム
合計 3,200

参加料

  • 一般男子   1名 7000円(保険料、参加賞、通行料含む)
  • 一般女子   1名 5000円(保険料、参加賞、通行料含む)
  • 中高生    1名 4000円(保険料、参加賞、通行料含む)
  • チーム    チーム内構成に応じた個人参加料の合計金額(保険料、参加賞、通行料含む)

※各種目とも最低20名の参加申込みがない場合、主催者の判断にて中止もしくは上位の種目に統合して行う場合があります。

表彰

各カテゴリーの1位にチャンピオンジャージ、認定証、副賞 各カテゴリーの2〜6位に認定証、副賞
※Team time-trialについては1〜3位までを表彰対象とします。

競技方法

  1. 伊吹山ドライブウェイ麓料金所〜伊吹山山頂までの登坂(ヒルクライム)コース12kmもしくは17kmを使用したロードレース競技として行います。
    START:伊吹山ドライブウェイ麓料金所  FINISH:伊吹山山頂駐車場又は12km地点
    標高差1075m、距離最長約17km
    ※残雪が多く除雪並びに道路補修が間に合わない時には距離が12kmに短縮される場合があります。
    ※特別規則:各カテゴリーとも、(17km開催時)13時30分に12km地点を通過出来ない選手は失格となります。
  2. 原則、マスドスタート方式の個人タイムトライアルロードレースとします。
  3. 順位の判定は、各カテゴリーともスタート地点を時差によりスタートしフィニッシュまでにかかる所要時間によって順位を決定します。
  4. Team T.T.のスタートについては、5チーム単位での時差スタートとし、完走したチーム全員のタイムのアベレージタイムにより順位を決定します。
  5. 参加者は、ハードシェルタイプのもので(財)日本自転車競技連盟公認(JCFシール付)のヘルメットを着用して下さい。
  6. 検車は行わないので各自の責任で整備して下さい。
    出走前に、整備不良の自転車・規則違反の部品使用、衣服等が競技役員より指摘された場合には失格の対象になるので注意して下さい。
  7. 飲食料の補給はできません。
  8. 上位のカテゴリーの競走と混走状態になった場合には、追い抜かれる競技者は安全のためコース左側により通過を待って下さい。通過の妨げをしたと判断された場合はペナルティーの対象となり、結果へのタイム加算や順位の降格につながるので注意して下さい。

車両規定

  1. MTBクラス以外は、ロードレーサーまたはこれに準ずるもの(クロスバイク等)でフリー式のものとし、前後ブレーキは完全なものとします。
  2. 使用自転車は、競技上危険となるライト、ミラー、キャリア、ドロヨケ、錠前、一本足スタンド等の部品はあらかじめ取り外しておくと共に、前後のブレーキは十分整備しておいて下さい。
  3. 全カテゴリーともトライアスロンバー、DHバー、ブルホーンバー等のアタッチメント式バーの使用は認められません。また、エアロヘルメットの使用も認めません。
    MTB等のフラットハンドルのエンドバーは認めます。
  4. サイクルメーター、ディスクホイール、テンションディスクホイールの使用は認めます。

関連情報一覧